カラミざかり第3話 エロいネタバレ舌できれいに

前回までのあらすじ

オナホを見に貴史の部屋を訪れた
同級生の男女4人。
オ〇ホのおかずにと
貴史にま〇こを見せる智乃です

カラミざかり 第3話 ネタバレあらすじ

智乃のま〇こを
食い入るようにみる貴史です。

慌ててファスナーおろして
太く直立しているち〇ぽを取り出します。


智乃の手で

にゅるっと ち〇ぽに深く入っていくオ〇ホ



 

ぶちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゃっと

上下に動かす

強く両手で握って

くちゅ、くちゅ、ちゃく

「気持ちいい・・」

智乃のおっぱいをむぎゅむぎゅ、しながら

はっ、はっ、はっと
息遣いが荒くなる貴史

おっぱいをムニュムニュもまれ
乳首を指でクリクリもてあそばれて、

あぁー と欲情する智乃

 

智乃は大胆にも
貴史のち〇ぽをくわえこんで

舌でぐぷ…と
お掃除をやってしまうのです。



 

予想外の智乃の行動に貴史は
また
ち〇ぽがムクムクし始めて…

続きの第4話はこちら↓

カラミざかり第4話 エロいネタバレおっぱい触る
カラミざかり第4話のネタバレと感想です。好きな里帆を親友に寝取られている様子をすぐそばで見ている高成。彼も智乃の誘惑に勝てずおっぱいに手をいて感触を楽しんでいます。里帆のま〇こぐちょぐちょだぁと声を上げる貴史、ショックを受ける高成です。

 私の感想

貴史の狭い部屋のベッドで

セッ〇スしようとしている
貴史と智乃から

目が離せなくなっている高成と里帆。



ふたりはただ黙り込んで
なすすべもなく

その場にぼーっと
立ち尽くしているんです。

好きな里帆がすぐ隣にいて
最高のチャンス!だっていうのにさ

手にさえ触れることも考えず
呆然としている高成。

こんな展開になればさ、

いたたまれなくなって
高成と里帆は

ベッドのふたりを残して
部屋から立ち去っても不思議ないよね。

でも彼らは
ずーっとそこに居続けたのです。

そしてただ
見ているだけじゃ終わらなかった。

結局、
ぼーっと立っているという

その選択が高成にとっては
悲しい出来事を目撃すること
になってしまいます。

といっても
高成と里帆は
お互いの気持ちを打ち分けあった
わけでもなかったから。

里帆が高成のことを
どんなふうに思っているのか

まったくわからなかったからねぇ・・

里帆が貴史に
身を任せたということは

高成のことなどこれっぽっちも
眼中になかったと考えてもいいかなぁ。

もし高成のこと好きだったら
やっぱり、智乃だって
イヤやめてと貴史に言うと思うんだけれど…

言わないってことはさ
貴史にセッ〇スしてもいいよと
了解したことになるよね。

そのことを
高成はどう思ったのかなぁ

自分の言葉を飲み込んだ意味は
なんなんだろうね…

いくら引っ込み思案の性格だって
好きな子が親友にやられているところを
見れるものなのかなぁ…

ちょっと私的には理解不能でーす。

 

カラミざかり
無料お試し読みができます

こちら↓をクリック



カラミざかりをまとめた総合サイトはこちら