カラミざかり第4話 エロ・ネタバレ感想無料 おっぱい触る

カラミざかり ネタバレ感想

カラミざかり 前回の回想とかこれからの期待など

フェラで興奮した貴史は
智乃をベッドに連れ込んで
ふたりとも初体験へまっしぐら。

その様子をつぶさに見ている高成と里帆。
セックス見物だけで
ギャラリーで終わるなんてことないよね。

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

カラミざかり 第4話 ネタバレあらすじ

ギシギシきしむベッド
初めてだから

挿入するのはゆっくりと
お願いする智乃。
俺も初めてだからと貴史。

はぁっ はぁはぁはぁ

ずぷっ ぐぷっ 

あ・・・ あっ あっ

ふたりのセックスを
見ている里帆は両手で
ま〇こを押さえ、
高成もち〇ぽがそそり立って。

ぐちゅぅ ぐちゅ ぐちゅっ

「気持ち良すぎで もう出る・・」

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

うっ びくっ どぴゅっ

はー はー

セックスを終えた貴史は我にかえり、
ベッドでふたりの視線に気づいて

高成と里帆をベッドに引きずり込む

貴史が里帆の上に乗り
抱きしめるキスをする様子を
隣で見ている高成

おいっ、と声を上げるもすぐに
智乃にキスで口をふさがれてしまう・・

隣では貴史がキスをしながら
里帆のおっぱいを
むに むに もんでいる

舌を深く入れて
ちゅぱ ちゅぱ ぷちゅっつ

高成は裸の智乃に視線がくぎ付け

里帆のま〇こ、
ぐっちょぐちょ濡れている
とよろこぶ貴史

くちゃくちゃ ちゅくちゅく
指でいじる貴史

聞いていた高成は茫然とする

私達もしようよと智乃に導かれて
おっぱいを触る高成だけれど
里帆が気になって落ち着かない。
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

カラミざかり第5話 エロ・ネタバレ感想無料 いっぱい出た
カラミざかり 前回の回想とかこれからの期待など貴史は智乃にフェラしてもらって欲情してベッドで初体験。見ていた里帆を引っ張り込んで濡れているま〇こを手でいじりまわす。高成は積極的な智乃の攻めまくりにたじたじ。隣の里帆が気になってしょうがない。

 私の感想

下半身丸出しで
ゴムを取りに行く貴史の
勃起したち〇ぽから
目が話せないでいる里帆が印象的。

そして貴史にま〇こいじられて
びっしょり濡れて
興奮していたことがばれてしまう。

高成はすべてに消極的で
自分から智乃に触るわけでもなくて
そんなに里帆のこと気になるなら

ここでなんとかしないとね、と
思わずヤキモキしてしまう。

高成はすべて行きがかり上って感じで
テンポゆっくりすぎだね。

好きな女が隣で親友に寝取られる・・・
辛すぎるよね普通はさ。

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用