カラミざかり2【最新巻】のネタバレと感想

カラミざかり 5話までの大まかなネタバレ

高校のクラスメート、
貴史と高成に、智乃と里帆はともに親友同士です。
AV女優に似ている里帆がきっかけになり
セッ〇スに興味を強く持つようになります。



貴史の部屋で初体験する3人。
高成だけが取り残され、

親友の貴史が調理に乗って
好きな里帆を寝取ろうとするのです。

カラミざかり2のネタバレと感想

校内で

高成は貴史に話しかけられます。

昨日はよぉ、
気持ちよくてサイコーだったよな



無邪気な様子で

うれしそうに話しかけてくる貴史。

一方の高成は
落ち着かない様子です。

高成にしてみれば
自分が好きな里帆が目の前で
貴史に取られてしまったわけですから

心穏やかではいられません(-_-;)

そんな高成の心情を
少しも察することができない
能天気な貴史です

なんだって
そんな話を大声でやっちゃってるのよ、

と言いながら
智乃が近づいてきて

貴史の頭をバシッと
ひっぱたきます。

お前の声の方が
もっと大きいんだよ、
と智乃に応じる貴史。

貴史と智乃は
あけすけで似たような性格なんですね、

ポンポン言いたいことを言い合って
後腐れがないってやつです。

智乃に寄り添っている里帆は
下を向いて知らんぷりしています。

そんな里帆の様子を
うつむきがちに見やっている高成。

里帆と高成、このふたりも
性格が似ていますよねぇ

言いたいことはなかなか言えずに
口ごもってしまうのです。

昨日の里帆の、ベッドでの様子が
高成は忘れられないのでしょう。

正面から里帆を見つめることもできず
ちらっと見ているのです。

場面が変わり

水泳の授業で
先生が生徒の点呼を取っています。

ところが
さっきまでいたはずの
貴史と智乃のふたりなのですが
なぜだか応答なしなのですね。

不思議に思う高成と里帆です。

その頃、貴史と智乃は
別のところで一緒にいたのです。

水泳の授業に使用する
男子トイレに
閉じこもって
激しくお互いの体を動かしています。



スク水姿の智乃を
後ろからガッツリ攻めている貴史。

昨日もやった仲ですから
なにやら親密な雰囲気が出ています。

セッ〇スしながら
貴史は智乃にたずねます。

昨日のフェラでさ
高成の○○、ゴクンしたのか?

智乃はものうげな表情で
少しうなずくのです。

高成に先を越された
貴史は悔しかったのでしょうか。

自分のもやってよぉ~

ちゃっかりと
智乃に貴史は頼み込みます。

貴史の要求を受け入れて
ち〇ぽを舐め舐めしている智乃。

ビュルッ ビュルル ジュプッ

口で吸いこんだら
あっ やべー



 

〇液を飲み込む
エロい智乃の表情に

再び勃起し、
興奮で顔が紅潮している貴史。

智乃は決して喜んで…
というわけでもなさそうです。

貴史の欲求を
ただ満たしてあげたいと
考えたのでしょうか。

勢いづいた貴史は
今度は前から

智乃のま〇こに
ち〇ぽを入れていきます。

クラスメートが
水泳の授業を受けている間に

人の目が届かないところで
セッ〇スする大胆不敵な、ふたりです。

また昨日のように
今日も俺の部屋へ行こうぜ
と貴史に声をかけられた高成。

昨日、あの場で
○○○できなかった高成

里帆も来るんだよな、
今日こそ自分も、と心に決め
はやる気持ちをなんとか抑えている高成

うまく友人達の誘いを振り切って

昨日のように
貴史の部屋に入り込んだ4人なのですが。

4人はなぜか
押し黙って顔を見合わせています。

パートナーをめぐって
少しやりときが行われます。



高成は里帆とやりたいと
なかなか言い出せず、迷っている間に

貴史が○○して決めよう
などと言い出します。

その時すかさず智乃は言います。

とりあえず貴史、あたしを相手にしてよ。

智乃は訳あり顔で
高成にニコッとほほえみかけます。

智乃は
高成の、里帆に対する気持ちを
見抜いていたようですね。

4人の中で
人の行動や心の動きに
一番敏感なのは智乃でしょうか。

昨日、智乃は高成に強引に
フ〇ラをしてあげたわけですが

その時の高成の様子を
しっかりと観察していたようです。

心の底から
フ〇ラの快感に酔ってはいないのでは

時折、視線があちらに向いて
二人の様子を気にしているようだと
鋭く見抜いていたのでしょう。

興奮し、たくさん出して
果てた高成ですが
智乃のフ〇ラの快感に

ふたりの行為をみて
興奮が倍増したってことも
お見通しのようです。

高成の想いをかなえてあげたい
きっと智乃はそう思ったに違いありません。

智乃は
素早く貴史にキスをしてベッドイン。

あ… はぁっ
ちゅぱ ちゅぱ



慣れた手つきで
貴史のズボンを素早く引き下ろす智乃。

ふたりはベッドでからみ合います。

さて昨日のように取り残されて
立ったままで一歩を踏み出せないふたり。

内向的な高成は
ここで里帆に
絶対にアプローチしなければと
決意を抱きます。

ぎこちない動作で、それでも
思い切って里帆を抱き寄せてキスをします。

ようやく高成は自分の意志で
里帆を手に入れるために一歩踏み込んだのです。

高成と里帆が
いい雰囲気になりかかったときに
突然、貴史の言葉でぶち壊されます。

智乃に仰向けになり
フ〇ラをしてもらっている真っ最中の貴史

高成にごめんと、謝りながら

○○やりたい
と言い出すのです。

里帆を呼び寄せて

智乃と一緒に
俺のち〇ぽを同時に
両側から舐めてくれよ

と頼むのです。

あきれた表情をする智乃。
なんだって今のタイミングで
こんなムチャなこと言い出すんだろう

智乃はそう思っていたに
違いありません。

恥ずかしがっていた
智乃と里帆ですが

しぶしぶ貴史の頼みを受け入れます。

チョー気持ちいい~

里帆、玉舐めて~

ふたりに舌でち〇ぽの両側を舐められて
どっぷりと快感に浸る貴史



そんな様子を
立ったままやるせない気持ちで
眺めている高成。

彼の心の中には
貴史に対する憎しみが
生まれたのかもしれませんね。

昨日も今日も
俺と里帆の邪魔をする貴史
そう思っているかもしれません。

さっきまでキスしてた
好きな里帆が高成に背を向けて
親友の貴史のち〇ぽを舐めている

貴史のち〇ぽを舐めている

しかも高成に向けられた
里帆のスカートはめくれあがり
パンツが見えています。

憎しみの感情とともに
次第に里帆のエロい姿に欲情していく高成



そそり立つ高成のち〇ぽ

素早くコンドームをつけて
里帆のパンツを手でずり下ろし

高成は極度の興奮状態で
里帆のことを考えず
後ろから強引に挿入しようとします。

痛っ

里帆が悲痛な叫び声をあげます。

今までふたりに舐められ
いい気分になっていた貴史が起き上がり

だめじゃん、無理やりやったら
と高成に言います。

どれどれ
里帆のあそこを
指で触ってチェックする貴史

貴史は高成に
物知り顔で言い始めます。

まだ里帆のあそこ、
準備できてないだろー

俺がビショビショにやってあげるからさ、
お調子者の貴史は舌を器用に使い

里帆のま〇こを
うれしそうに舐めていきます。



たちまち快感を感じて
濡れ始める里帆のあそこです。

何度も貴史に間を邪魔される高成は
ぶすっとした表情です。

それをみて
しかたなし、といった
あきらめた様子の智乃です。

思いっきり舐めまわして
濡れに濡れた
里帆のま〇こを指さして

準備万端、OKだぞー
貴史は自慢げに言います。

高成の気持ちを
推し量ることはどうにもできない貴史です。

貴史の合図の言葉で
そそり立ったままのち〇ぽを

好きな里帆のあそこに
挿入しようと試みる高成です。

あれ、ここじゃない…

焦る高成の様子に、しびれを切らした里帆

落ち着いた手つきで

貴史のち〇ぽを
自分のま〇こに導きます。

念願かない、ようやく高成は里帆と
初セッ〇スを始めます。

考える余裕もなく、里帆の気持ちよりも
自分のち〇ぽが締め付けられている感覚に
夢中になって

高成は激しく腰をゆすり続けます。

ずぶっ ずぶっ くちゅっ くちゅ



ふたりの様子を冷静に見ている智乃

えへっ 超激し~ と見やる貴史

俺たちも やろうせ

と、1つベッドで
2組カップルが横になったり、立ったりで

快楽をむさぼっています…

その日をきっかけに
4人は日々、飽きることなく

ただただ、快楽をむさぼるようにして
相手のからだを求めて

セッ〇スに明け暮れるのでした。

4人が一緒にセッ〇スしてる

彼らはふたりでするより
本能的にもっと楽しめると知っているようです。

初めて手に入れたからだの快感に
どっぷりつかり、抜け出せなくなっていくのでしょうか。



夏休みに入って
予備校に通う高成ですが

頭の中はセッ〇スでいっぱい
心ここにあらずで

ちっとも学習に身が入りません。

メールをチェックすると
勉強中の高成のことなどおかまいなし、
調子に乗った貴史から

智乃と里帆の裸写真が送られてきます。



高成の心は激しくゆすぶられます。

勉強どころではなくなり
途中で予備校を飛び出した高成

行くところは決まっています。

貴史の家へ到着し、
部屋への階段を上がっていきます。

わずかに開かれたドアからのぞくと
ベッドには仰向けになった
全裸の貴史が見えます。

里帆がそばにいて
貴史のち〇ぽを舐め回わしています。



貴史は里帆に対して

オレの乳首舐めながらフェラして

などと
自分の要求を伝えています。

貴史と目が合う高成。

貴史は高成の里帆を思う気持ちに
気づかないかのように
全く悪びれたそぶりも見せず

智乃は家族と旅行中、
その間ずっと里帆とふたりで
ベッドインしてたんだ

屈託ない表情で話し出す貴史。

貴史に里帆を占領されて
心傷つき、面白くない高成です。

そんな高成の気持ちを無視するように

いいもん見せてやるよ
貴史は言います。

そういいながら
里帆のま〇こに指を持っていき

熱心に愛撫し始めます。

チュクチュク ヌチュッ ヌチャッ

しだいに激しく悶え始める里帆

あっ ああっ あ~

しだいに里帆の腰が持ち上がり
からだが震え出します。

プシュッ プシャアア~ 

勢いよく吹き出す○○○〇



すごいだろ、潮〇〇

得意顔で
高成に見せつける貴史です。

ビショビショ状態で
セッ〇スを躊躇する里帆のからだに

無理やり
ち〇ぽを入れていく貴史です。

高成は
不快な思いを感じながらも
好きな里帆のエロい姿に興奮して

ち〇ぽは直立、

精一杯の抗議をするかのように
貴史とセッ〇スしている里帆に近づき

ち〇ぽを里帆の口の中に
入れていきます。

カラミざかり2の購入は画像をクリック♪


【カラミざかり2 ネタバレ続く】

 

カラミざかりのネタバレをまとめた総合サイトはこちら>>